外科治療

抜歯

 なぜ親知らずを抜くのか

20歳前後になると、奥の方でむくむくと生えてくる親知らず。本来であればまっすぐきれいに生えるものですが、柔らかいものを食べる食習慣から顎が発達せず、顎のスペースが足りなくなることがあります。すると親知らずはおかしな方向に生えたり、完全に生えきらなかったり、そもそも生えてこなかったりします。そのように不完全に生えてくると、他の歯を巻き込んでさまざまなトラブルを引き起こします。

・前の歯を押して歯並びを乱す

・前の歯が虫歯になる、歯周病になる

・親知らずが虫歯になる

「それなら親知らずは抜いたほうがいいの?」と思われるかもしれませんが、きちんと生えて噛み合わせや虫歯・歯周病の心配がない歯であれば抜く必要はありません。将来的に他の奥歯を失った場合に移植して有効活用できるからです。ただ、生えているだけで痛い、虫歯になるという場合は抜くべきでしょう。

歯根端切除術

歯根端切除術とは、歯の根を切り取る治療法です。細菌感染などによって歯ぐきにできた歯根嚢胞(できもの)の治療に用いられます。歯の中から行う治療で効果が見られない場合に、病巣である歯根の先の歯根嚢胞を切除してしまおうというものです。
歯の上部に装着してあるインレー(詰めもの)やクラウン(被せもの)を壊さずに治療できるというメリットがあります。