義歯・入れ歯

当院の入れ歯について

 保険の入れ歯(レジン床義歯)

もっとも一般的な入れ歯が、保険適用で作製できる「レジン床義歯」です。歯ぐきにあたる部分がピンク色のプラスチックでできています。安く簡単に作れますが素材がプラスチックのため厚みがあり、違和感がでてしまうことは否めません。また、落とすと割れやすい性質ですが、修復が簡単です。

 自費の入れ歯(金属床義歯)

レジン床義歯でプラスチックになっている床部分が金属でてできている入れ歯です。歯科素材としてもっとも使われていて、非常に信頼性の高い銀色のコバルトクローム合金を使っています。
丈夫で扱いやすく、レジン床義歯に比べて違和感がほとんどありません。食べものの熱さや冷たさがそのまま伝わり、食事をおいしく快適に楽しむことができます。保険適用されない自費治療の入れ歯の中でもっとも安く作製できます。

 磁性アタッチメント義歯(マグネットデンチャー)

最近は入れ歯の開発が進み、金属のバネを使わなくても歯ぐきに固定できる入れ歯が誕生しています。その代表が、磁石の力を使って入れ歯を固定する「磁性アタッチメント義歯」です。バネがない分口の中がすっきりとクリーンで、他の健康な歯に負担をかけることがありません。違和感がないのも特徴です。

 保険の入れ歯(レジン床義歯)と自費の入れ歯(金属床義歯)の比較

最近は入れ歯の開発が進み、金属のバネを使わなくても歯ぐきに固定できる入れ歯が誕生しています。その代表が、磁石の力を使って入れ歯を固定する「磁性アタッチメント義歯」です。バネがない分口の中がすっきりとクリーンで、他の健康な歯に負担をかけることがありません。違和感がないのも特徴です。

メリットデメリット
レジン床義歯・保険適用のため安く作れる
・修理しやすい
・強度が低い
・厚みがある
・食べものの熱が伝わりにくい
・違和感・異物感がある
金属床義歯・強度が高い
・薄く作れる
・違和感・異物感がない
・食べものの熱が伝わる
・保険適用でないため、治療費がかかる