インプラント

インプラント治療って?

インプラント治療をご存じですか?虫歯や歯周病で抜けてしまった歯の機能を、ねじ状の人工歯根とセラミック製の人工歯によって補う最先端の歯科治療法です。

よく噛める秘密は?

インプラント治療の大きな特徴は、チタン製の人工歯根を外科手術によって歯ぐきに埋め込むこと。チタンは生体親和性が高く骨と結合する唯一の金属で、これによってしっかりとした歯の根ができます。そのため入れ歯やブリッジなどに比べ、グッと力を入れてよく噛めるようになるのです。

見た目が自然な人工歯

人工歯根の上に装着する人工歯はセラミックでつくられています。セラミックはインレー(詰めもの)やクラウン(被せもの)などの義歯でもっとも多く使われている素材で、とにかく自然な見た目が特徴。まるで天然歯のような自然な白さと透明感があり、さらには高い耐久性を備えていて毎日の食事で難なく使えるのです。

インプラント・入れ歯・ブリッジの比較

歯を失った場合に用いられる治療法は3つ。入れ歯、ブリッジ、インプラントです。それぞれの特徴を比較してご紹介します。

メリットデメリット
入れ歯・治療期間が短い。
・保険適用なら数千円でつくれる。
・固い食べものが食べにくい。
・(保険適用の入れ歯の場合)装着すると違和感・異物感がある。
・(保険適用の入れ歯の場合)見た目が不自然。
・(保険適用の入れ歯の場合)しゃべりにくさがある。
・毎日のお手入れに手間がかかる。
・顎に力が加わらず歯槽骨(顎の骨)がやせ衰える。
ブリッジ・(費用をかけた場合)見た目の仕上がりがいい。
・違和感があまりない。
・周りの健康な歯を削る必要がある。
・しゃべりにくさがある。
・毎日のお手入れに手間がかかる。
・顎に力が加わらず歯槽骨(顎の骨)がやせ衰える。
インプラント・自然な噛み心地と見た目が手に入る。
・スムーズに発音できる。
・周囲の歯を削る必要がない。
・周囲の歯や顎に負担をかけることがない。
・歯槽骨(顎の骨)がやせ衰えない。
・外科手術が必要。
・治療費が高い

当院のインプラント費用について

秋山歯科医院では、インプラント埋入・フィクスチャー代・増骨法を含んだインプラント治療を一律35万円で行っています。(2008年8月11日現在)
増骨法とは、歯槽骨の厚みが足りずにインプラントを埋められない場合に行う「骨を再生する治療法」です。本来であれば別途費用がかかる治療法ですが、当院ではこの治療も含めて一律料金を設定しています。
その理由は、インプラント埋入手術で歯肉を切開してから増骨法が必要であることが判明した場合に、その場で初めて別途費用がかかることがわかって患者様に負担をかけることを避けるためです。