小児歯科

お子様の治療は無理をさせない、怖がらせないことが第一。当院ではお子様のペースを大事にしています。

秋山歯科医院が考える小児歯科治療

秋山歯科医院の小児歯科は、「絶対に無理をしない治療」を強く心がけています。特に初めての治療の場合は、慣れない歯科医院に不安や怖さを感じていることがあるため、すぐに治療には入りません。ゆっくりお話をするだけのこともあれば、触っても危険のない治療器具を触ってもらい歯科医院に慣れてもらうということもあります。

実際に行う小児歯科治療の例

 フッ素塗布

フッ素は、簡単にいえば歯の栄養です。フッ素をお子様の歯に塗ることで、虫歯に負けない強い歯にします。フッ素を塗布するとエナメル質(歯の表面)が虫歯菌の出す酸で溶けることを防げるのです。さらにはC0(初期の虫歯)を再石灰化させて治すことも可能です。

 シーラント

細かい溝がありでこぼこしている奥歯は、特に虫歯になりやすい歯です。そこで効果を発揮するのがシーラント。細かい溝を歯科用の樹脂でふさいで食べカスなどがつまらないようにして、虫歯になりにくい歯にします。シーラントは乳歯はもちろん、生えたばかりの永久歯の虫歯予防に最適です。