一般歯科

虫歯はすぐに治る一般的な病気のイメージがありますが、放っておくとどんどん進行し、最悪の場合は歯を抜くことになってしまう病気です。大切な歯を守るための一番の方法は、毎日しっかり歯磨きをすること。 そして早期発見・早期治療をすることです。

C0~C4

虫歯のことを「Caries(カリエス)」といい、頭文字のCと数字を組み合わせた「C0~C4」で虫歯の進行状態が表されます

 C0:脱灰

状態

虫歯の初期段階です。歯の表面(エナメル質)が少し溶けていて、白い濁りや奥歯の茶色い溝が見られます。痛みはありません。

治療

歯磨きなどの処置で再石灰化します。

 C1:エナメル質の虫歯

状態

虫歯の初期段階です。歯の表面(エナメル質)が少し溶けていて、白い濁りや奥歯の茶色い溝が見られます。痛みはありません。

治療

歯磨きなどの処置で再石灰化します。

 C2:象牙質の虫歯

状態

虫歯がエナメル質の内部にある象牙質まで到達している状態です。冷たいもの・甘いものを食べると歯がしみて痛みます。

治療

虫歯部分を削ってインレー(詰めもの)で保護します。

 C3:神経の虫歯

状態

虫歯が象牙質の内部の神経まで到達している状態です。常に激しい痛みがあります。

治療

神経を除去してクラウン(被せもの)を被せて保護します。

 C4:歯根まで進行した虫歯

状態

神経が死んで痛みがなくなった状態です。ですが虫歯はさらに歯根まで到達している状態です。膿や悪臭が出ます。

治療

多くは抜歯が必要です。抜歯後はインプラントや入れ歯で歯の機能を補います。